電源・マザーボード

次は、パソコンケースへの電源・マザーボードの取り付けです。

ここでは一般的に自作パソコンで使用されるタワー型ケースを使用して解説しています。

電源の取り付け

パソコンケースの両サイドのカバーを外すことから始めます。通常ケースの両サイドのカバーは背面のネジによって留められています。

パソコンケース

ネジを抜きパネルをスライドさせると外すことができます。

パネル

電源です。

電源

ケースにより場所が異なることもありますが、通常はケース左上や左下です。ここに電源を装着します。基本的にファンはケース内を向くように取り付けます。

場所

ネジ穴を合わせ、背面から電源付属のネジで留めます。通常4ヶ所です。インチネジ大が使われます。

背面


マザーボードの取り付け

ケース背面のIOパネルカバーを外します。

IOパネルカバー

マザーボードに付属しているIOパネルです。

IOパネル

内側から取り付けます。ネジがなくてもはまるようになっています。向きは決まっているので、マザーボードの形状と合致するように取り付けます。

内側

マザーボードを取り付けるところを確認します。通常はケースにATX・MicroATXの刻印があったり、マニュアルに記載されています。どうしてもわからない時、マザーボードを近づけてみて合致するところにネジを付けていきます。

合致するところ

ケースに付属したネジを使用します。

付属したネジ

予めどのネジが、マザーボードを留めるネジか確認しておくといいでしょう。通常はインチネジです。ケースによってはミリネジもあります。間違ったネジを強引に取り付けるとトラブルの元なので注意します

適合

ネジをケースに付けていきます。

ケースに付ける

マザーボードを持つときは CPUクーラー部分を掴むといいでしょう。しっかり固定されているので問題ありません。

マザーボードを載せますが、IOパネルに合致するようにします。ネジ穴を合わせるため やや力を入れるときがあります。しかしあまりここでマザーボードを左右にずらすことは好ましくありません。下の六角ネジとマザーボードの端子が摩擦して破損することも考えられるからです。

ですから軽く斜め上から、マザーボードをIOパネルに近づけ、マザーボードの右側をしっかりおさえ、できれば1回でネジ穴をあわせます。

ネジの固定は、まず全体を仮留めして、すべてのネジが付いたらしっかり固定していきます。マザーボードの右側をおさえていないとネジ穴がすぐにずれることもあります。

マザーボードを載せる

マザーボードとネジのショートを防止するワッシャーを付けて留めることもできます。ほとんど好みの問題で、今のマザーボードは取り付ける必要は特別ありません。

ワッチャー

マザーボードの取り付けが終わったら、メイン電源と4ピン電源をマザーボードに接続します。下記はメイン電源です。電源ケーブル取り付けは後でも構いません。

メイン電源

4ピン電源です。電源によっては4ピン電源が2つありますが、どちらかが形があうようになっています。マーザボードに4ピン電源の接続口が2つある場合は、2つとも接続します。

4ピン電源