マウスコンピューターのケースを使ってみる

BTOパソコンは 自作パソコンと構成が非常に似ています。

なぜかというと、BTOパソコンメーカーの多くが ATXやMicroATXのマザーボードや電源などを使って組み立てているからです。

主なBTOパソコンメーカーには ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房などがあるのですが、今回は実際にマウスコンピューターのケースを活用してパソコンを自作してみました。

BTOパソコンメーカーのすべてのケースが使えるというわけではないのですが、BTOパソコンというのがどういうものか、どこが自作パソコンと似ているのか?内部の構造はどうなっているのか?など参考になると思います。

テーマ

マウスコンピューターのケースが使えそうなので活用してみたい。

XPからWindows 7への変更。

内部構成は大幅に変更するが、使えるパーツは一部流用したい。

使用していたパソコン

マウスコンピューターのミニタワーケース。OSはWindows XP。

ミニタワーケース

内部を確認すると MicroATXのマザーボード、ATX電源など。

PCケース、光学ドライブ、データドライブとして使っていたハードディスクを1台 流用します。

ミニタワーケース

まずはケーブル類を外し パーツの取り外しを行っていきます。

ミニタワーケース

電源取り外し。

電源取り外し

マザーボード取り外し。

マザーボード取り外し

ハードディスクをマウンタごと取り外し。

ハードディスク取り外し

パーツ取り外し後は ケースをひと通りクリーニング。

今回活用するパーツは PCケース、光学ドライブ、ハードディスク1台。

ケースのクリーニング後

パーツ紹介

今回使用するパーツです。

使用するパーツ

簡単にそれぞれのパーツの紹介です。

B75M-D3Hマザーボードは、ギガバイトのB75M-D3H、LGA1155 B75チップセット IvyBridge世代、MicroATX。
購入場所:パソコンショップ通販(新品)


SST-ST50F-ESシルバーストーンの80PLUSスタンダード認証 SST-ST50F-ES 500W電源。
購入場所:Amazon(新品)


Intel Pentium G2030CPUは、Intel Pentium G2030。LGA1155 IvyBridge世代。
購入場所:パソコンショップ(中古)


DDR3-1600 4GBメモリーは DDR3-1600 4GB×1枚(中古)


Intel SSD 335シリーズ 180GBOSをインストールするストレージに Intel SSD 335シリーズ 180GB。
購入場所:Amazon(新品)


Windows 7 Home PremiumOSに Windows 7 Home Premium 64bit DSP版
購入場所:パソコンショップ(新品)


主要なパーツは以上です。


組立

まずマザーボードを準備します。

マザーボード準備

CPUの取り付け。

ケース内部

リテール品の中古だったので CPUクーラーが付いているのですが、中古の場合はグリスが付いていたとしても固まっていることが多く そのまま使うことはほとんどできません。

Mini-ITXのマザーボード

グリスは完全に拭き取ります。

CPU取り付け

CPUにグリスを付けました。

レバーを閉める

CPUクーラーの取り付け。

CPUクーラー取り付け

メモリーの取り付け。

マザーボード裏面

次に電源を取り付けます。。

メモリーの取り付け

マザーボードのバックパネルの取り付け。

スペーサー取り付け

マザーボードをケースに取り付けます。

このケースでは左下の1箇所だけ ケースから突起が出ており そこにマザーボードのネジ穴を合わせるようになっていました。ネジ留めは5箇所。

スペーサーの固定

メイン電源とCPU電源を繋ぎます。

IOパネル取り付け

フロントパネルからのコネクタを接続。フロントパネルコネクタ()、USB()、オーディオ()。

スピーカーがなかったので 別途用意して繋ぎました。

2箇所仮留め

次にSSDを準備し、マウンタに取り付けます。

マザーボード取り付け

SSDをハードディスクのマウンタに取り付けます。

左がシステム用、右のハードディスクがデータ用になります。ハードディスクには すでにXPの時に使用していたデータが入っています。

フロントパネルコネクタ

PCケースにハードディスクのマウンタを取り付けます。

フロントパネルからのケーブル

光学ドライブ、SSD、ハードディスクに電源ケーブルとSATAケーブルを繋ぎます。

SSDにはSSD添付のSATAケーブル、光学ドライブとハードディスクにはマザーボード添付のSATAケーブルを使いました。

SSDは マザーボードのSATAⅢに繋ぎます。また他にリアファンをマザーボードのコネクタに繋ぎました。

ケーブルの接続

BIOS設定とWindows 7のインストール

電源を入れて BIOSでひと通り設定を確認。

BIOSの確認

ハードディスクはデータが入っているので 念のためSATAケーブルを外しました。

SATAケーブルを外す

Windows 7のインストール

Windows 7のインストール

ウィザードに従い インストールします。

ウィザード

Windowsのインストールが終わったら ドライバのインストールを行います。

ドライバのインストール

ドライバのインストール中。

ドライバのインストール中

ドライバのインストール後

ドライバのインストール後

最後に電源を切り ハードディスクのSATAケーブルを付けました。

Windowsの起動後 ハードディスクは認識されデータは見ることができます。

SATAケーブルを付ける

補修

組み立て後 電源を入れて 内部を確認した時点で リアファンが回転していないことが分かりました。

長期間使っていたパソコンで リアファンにかなり埃や汚れも付いていて 壊れてしまっていたようです。

壊れていたリアファン

92mmのリアファンだったのですが、新しく交換することにしました。

新しいリアファン

リアファンの取り付け。

リアファンの取り付け

PCIスロットカバーがひとつない状態です。

スロットカバー

これも新しく取り付けることにしました。

光学ドライブの固定

スロットカバーの取り付け

電源をずらす

ケース上部にプロダクトキーのシールが貼られていたのですが、使わないのではがして綺麗にしました。

メイン電源

ある程度配線をまとめます。

CPU電源

ケースを閉めて完成。

ドライブに電源ケーブルを繋ぐ

背面。

フロントファンの電源

反省会

ケースを活用するパターン
ケースを活用する場合は、ある程度予算を抑えたいというときが一番多いです。

自作用のケース以外では 使わなくなったBTOパソコンメーカーのケースも候補になります。

ただ ケースを流用する場合は、フロントのUSB端子が壊れている、ケース内が汚れている、ケースファンが壊れているなど しばしばありますので事前に使えるかどうかの見極めは必要です。

またBTOパソコンメーカーのケースもすべて互換性があるかというとそういうわけでもないので ATXかMicroATXか?フロントパネルコネクタは新しいマザーボードに取り付け可能か?なども調べておきたいところです。

マウスコンピューターはデザインがいい
マウスコンピューターはわりとデザインと拡張性のバランスが取れているケースが多いです。

今回使用したケースもデザインはフロントが光沢ブラックで全体的に落ち着いたデザインです。

また内部のハードディスクベイが 3.5インチシャドウベイを含めると4つあり、下のマウンタにSSDとHDDを取り付けることができるというのも 今回このケースを活用した理由です。