旧規格と新規格

AC'97とHD Audioは、パソコン向けオーディオ規格です。

1996年にインテルが提唱した規格がAC'97で、2004年に同じくインテルが提唱した規格がHD Audio(High Definition Audio ハイディフィニション オーディオ)です。

AC'97の後継規格がHD Audioで、現在のパソコンにおけるサウンド機能の主流となっています。

なので最近のマザーボードは、AC'97とHD Audio両対応となっており、HD Audioの使用が推奨されています。HD Audioのほうが新しい規格なので、多機能で音質がいいと考えていいでしょう。

自作パソコン及びPCケースとマザーボードとの接続において、AC'97とHD Audioという言葉が関わってきますので簡単に解説しています。


PCケース

PCケースのフロントパネルオーディオコネクタ(マイクやイヤフォン)には、AC'97とHD Audioの2つ用意されていることがあります。

最近のPCケースの配線は、ほとんどがAC'97とHD Audioをどちらか選択して接続できるようになっていますが、基本的にマザーボードとの接続では、新しい規格であるHD Audioを使用します。

ケースによっては、HD Audioのみというのも増えてきています。

AC'97とHD AudioPCケースから延びている配線。AC'97とHD Audioとかかれていますが、基本的にHD Audioを使用します。

マザーボード

マザーボードとの接続では、マザーボードのマニュアルを確認します。最近のマザーボードであればほとんどAC'97とHD Audioに両方対応しています。また接続に関しては新しい規格であるHD Audioでの接続が推奨されています。

マザーボードマザーボード上のフロントパネルオーディオコネクタ。AAFP(Analog Audio Front Panel connector)とかかれていることが多いです。10ピン構成で1つがノーピン。

ピンの形状ピンの形状はどちらも同じです。マザーボード側とあうようになっています。

HD AudioAC'97かHD Audioいずれかを接続します。基本はHD Audioです。

BIOS

マザーボードには、BIOSにてAC'97とHD Audioのどちらを使用するか選択できます。デフォルトでは通常HD Audioになっていますので基本的に扱う必要はありません。

BIOSAC'97とHD Audioのケーブルの接続とBIOSの設定は合わせていないとフロントパネルオーディオは機能しません。AC'97でマザーボードと接続した場合のみ、BIOSでAC'97に変更と覚えておくといいでしょう。