5種類の規格

無線LANには、2.4GHzと5GHzの2種類の電波が使われていることは紹介しました。

使用する電波というのは、無線の電波をどうやってとばすか、どこをとばすかというルートのことです。

車が目的地に行くまでに、2種類の道があってどちらを使うかというものです。

今回はその続きで、実際の伝送方法・無線LANの規格です。

道路が決まったら次は、どういう方法で目的地までいくかと考えると分かりやすいかもしれません。

規格

規格には、b、g、n、a、ac などがあります。

正式な規格は IEEE802.11b、IEEE802.11nのようになっていて、略して 11b、11nなどと表します。

2.4GHz

2.4GHzでは、3種類の規格が使用されています。

b、g、n です。

もともと昔からあった規格は、11bです。上位規格として 11gがでました。最後にでたのが11nで、2.4GHzでは最新の規格です。

  • 11n・・・150Mbps~600Mbps
  • 11g・・・54Mbps
  • 11b・・・11Mbps

最新の規格の 11nが最も伝送速度が速くなります。

現在主流で使われているのは 11nになります。

5GHz

5GHzでは、3種類の規格あります。

a、n、ac です。

もともとあった規格は11aで、次にでたのが11nです。11nは、2.4GHzでも5GHzでも使用されている規格です。

そして最新の規格が 11acです。

  • 11ac・・・200Mbps~3400Mbps、最大6900Mbps
  • 11n・・・150Mbps~600Mbps
  • 11a・・・54Mbps

主に使われているのは 11nで、古い機器では11a、最近の機器では11acが使われています。

11acが従来の規格より格段に速いということが分かります。

このように無線LANの規格というのは、11b→11g、11a→11n→11acと速度が速くなってきています。

最大帯域幅

速度が速くなっているのはなぜか?というと、

単純に技術の進歩です。

使用する帯域を増やしたり束ねたりして、最大帯域幅を増やし 一度に送信できるデータの量を増やしています。

例えば、11aや11bでは 通信で使用できる最大帯域幅は、20MHzでしたが、11nや11acでは 複数のチャンネルを束ねることで 最大帯域幅や伝送速度を上げることができます。

  • 11ac・・・160MHz (20MHz×4・20MHz×8)
  • 11n・・・40MHz (20MHz×2)
  • 11a、11g・・・20MHz

ただルーターによって 同じ11nや11acでも帯域をどれだけ増やして使えるか、内蔵しているアンテナが何本あるか異なりますので、最大の転送速度は製品によって 1300Mbpsであったり、833Mbpsであったりします。

最大転送速度が大きいということは、それだけ機器の性能がいいということになります。

2.4GHz、5GHzともに複数の規格がありますが、無線LANでは一般的に、子機側で最新の規格・伝送速度が速い規格を選び通信を行います。

また互換性があるため、nに対応している子機は bやgの親機、ac対応なら aやnの親機とも通信できます。


11n

11nという規格は2.4GHzでも5Ghzでも使用されます。

最近のルーターやパソコン内蔵の無線子機・増設の子機などは、ほとんどが最新の11nを採用しているということになります。

無線接続で、動画を見たりネットワーク内でデータを送受信したりという作業が楽にできるようになったのも、転送速度が速い 11nが大きく関係しているといえます。

11nが出た当時というのは、最大転送速度が150Mbpsでしたが、無線LANルーターの様々な技術・アンテナとの組み合わせにより 300Mbps、450Mbps、600Mbpsと最大転送速度が年々大きくなっています。

速度同じ11nの規格でも、アンテナとの組み合わせなどで無線LANルータによって 300Mbps、450Mpbsなどがあります。


子機11nに対応しているノートパソコンの内蔵子機。

11ac

11acは、現在最新の規格で 5GHz帯で使うことができます。

11nよりもさらに転送速度は向上しています。

ルーターそのものの性能によって最大転送速度は違ってきます。前述したように どれだけ帯域を束ねて使えるか?内蔵しているアンテナ数は何本か?機器によって異なるからです。

速度や安定した通信を望むのであれば、やはり最大転送速度は大きいものがいいでしょう。

また子機側が11acに対応しているかどうかの確認も必要です。

対応していれば 11acで送受信できます。

端末側

例えば、5GHzのaとacの電波を出すアクセスポイントがあるとします。

端末側も5GHzに対応していますが、nまで対応しているならでnで受信、acまで対応しているならacで受信します。

acなど上位規格を使いたいというときは、端末側の確認をしておくといいでしょう。

パソコンやスマートフォンなど 仕様書などに a、b、g、n、acなどの記載があります。

最近の機器は ac対応のものが増えてきています。

スマートフォン

  • iPhone 4・iPhone 4S・・・b、g、n
  • iPhone 5s・iPhone 5c・・・a、b、g、n
  • iPhone 6・iPhone 6 Plus・・・・a、b、g、n、ac
  • Xperia SO-02D・SO-03C・・・b、g、n
  • Xperia SO-03F・SO-04E・・・a、b、g、n
  • Zenfone 5・・・b、g、n
  • Zenfone 2・・・a、b、g、n、ac

タブレット

  • iPad第四世代・第五世代・・・a、b、g、n
  • MeMO Pad 8・・・a、b、g、n、ac
  • Fire HD 8・・・a、b、g、n

ゲーム機

  • Nintendo Wii・・・b、g
  • Nintendo Wii U・・・b、g、n
  • Nintendo 3DS・・・b、g
  • SONY PS3・・・b、g
  • SONY PS4・・・a、b、g、n、ac

見方としては、5GHzに対応してるかどうか?と同じです。

ハイパワー

よくハイパワーと記載された無線LANがあります。

電波を発信している無線LANは、どうしても距離が長くなるほど速度や電波が減衰していきます。

そこで長い距離でも速度や電波が減衰しないように作られているのがハイパワーの無線LANルーターです。

見た目ですぐに分かるのですが、大きいアンテナが付いていたり、アンテナが3つ付いていたりします。

ハイパワーの無線LANルーターは、通常の無線LANルーターに比べると飛距離があり、転送速度が速くなっているので、1Fから2F、3Fなど距離がある場合などに使われます。


関連情報