USBプリンターを複数のパソコンで使えるようにする

USBプリンターは ローカルプリンターともいいます。

本来は パソコン1台に接続して使用しますが、ネットワーク内の他のパソコンからも印刷したいということがあります。

ネットワーク(LAN)端子のないUSBプリンターを共有することで ネットワークプリンターのように使用することができます。

USBプリンターを複数のパソコンから使えるようにする 比較的簡単な設定方法を紹介します。

決まり事

例えば AというパソコンにUSBプリンターが接続されているとします。

ネットワーク内に 他にBやCのパソコンがあり BやCのパソコンから印刷するという時、Aのパソコンの電源は入っていないと印刷はできません。

Aのパソコンを経由して印刷するというかたちになるので覚えておきましょう。

設定方法

1.他のパソコンにUSBプリンターを繋いで設定する

AにつながっているUSBプリンターを一度外して BやCのパソコンにそれぞれつなぎ、ドライバーをインストールしてUSBプリンターとして普通に使えるようにします。

プリンター設定

BとC それぞれのパソコンでテスト印刷して確認します。

その後 Aのパソコンに再度 USBプリンターをつなぎます。BとCのパソコンには USBプリンターは繋がっていない状態です。

2.USBプリンターを共有する

Aに繋がっているUSBプリンターの共有設定を行います。

共有設定といっても 単にプリンターを右クリックしてチェックを入れるだけです。

デバイスとプリンター→USBプリンターを右クリック→プリンターのプロパティ→共有タブ→このプリンターを共有するにチェック→OK。

プリンターのプロパティ

共有タブ→このプリンターを共有するにチェック→OK。

プリンターの共有設定

これでネットワーク内でプリンターが共有プリンターとして探索されるようになります。

3.他のパソコンから探索する

共有したUSBプリンターを探索する方法は デバイスとプリンター→プリンターの追加

プリンターの追加

ネットワーク、ワイアレスまたはBluetoothプリンターを追加。

ネットワーク

探索が始まります。

しばらくすると Aのパソコンに繋がっているUSBプリンターが見つかります。

探索

Aのパソコンのユーザーアカウントが AならA-PC上のプリンターと表示されているはずです。

ここでこのUSBプリンターを指定して 次へと進めば設定は終わりです。

設定が終わると A-PCならA-PC上となります。

共有プリンター

BとCのパソコンには すでにUSBプリンターのドライバーをインストールして設定は終わっていますので特に何もしなくても印刷できるようになります。