知っておくと便利なテザリング

スマートフォンにはテザリングという機能があります。

この機能も無線LAN・Wi-Fiとは多少関係しています。

出先でノートパソコンを持ち歩いていたり インターネット環境のないところで、どうしてもインターネットに繋ぎたいということがしばしばあります。

こうしたときに スマートフォンのテザリングを活用することができます。

テザリングとは?

テザリングは 英語で書くと tetheringです。

つなぎとめるという意味のtetherの動名詞形になります。

なので デザインのデではなくて テザリングというのが正しい呼び方です。

スマートフォンには テザリング機能のあるものがほとんどです。

テザリングをONにする、有効にするとどうなるか?といいますと、

携帯電話のパケット通信を パソコンで使うことができます。

テザリングの設定

アンドロイド系のスマートフォンなら 設定→無線とネットワークに テザリングの設定箇所があります。

設定

テザリングにはUSBケーブルを使うUSBテザリング、無線、Bluetoothで使う方法があります。

無線で使う場合は ポータブル Wi-Fiアクセスポイント。タップして有効にします。

Wi-Fiアクセスポイント

確認画面が出たらOK。

確認画面

テザリングが有効になると 左上にテザリング使用中のマークがでます。

マーク

テザリングが有効になるとこの時点で スマートフォンがモバイルルーターのようになります。

要するに スマートフォンから電波が出てて その電波(SSID)を拾えば パソコンでもインターネットに接続できます。

SSIDとパスワードは ポータブル Wi-Fiアクセスポイン設定できます。

アクセスポイント設定

Wi-Fiホットスポットを設定。

Wi-Fiホットスポットを設定

するとこのように SSID、セキュリティ、パスワードを自分で設定することができます。

一度設定すれば 以後テザリングを有効にした時は 設定内容は記憶した状態なので テザリングを有効にする度に設定したりすることはありません。

SSIDとパスワードの設定

基本的にはデフォルトのままでも特に問題はないかと思いますが、自分で分かりやすいように設定することが多いです。


パソコンで使う

無線を受信できるノートパソコンやタブレット、子機を増設しているパソコンであれば、電波・SSIDを拾えますので どんなパソコンでも問題ないでしょう。

ノートパソコン無線LANと考え方は同じです。

テザリング中のスマートフォンは モバイルルーターや無線LANアクセスポイントと同じと考えます。


SSIDが表示SSIDが表示されますので クリックしてパスワードを入力します。


インターネットに接続インターネットに繋がります。


USBテザリング

USBテザリングは、USBケーブルをパソコンと繋ぎ「USBテザリング」をONにするだけです。


Bluetoothテザリング

タブレットのインターネット接続。Wi-FiテザリングかBluetoothテザリングで接続できます。

両機器がBluetoothに対応していれば、機器同士を Bluetoothでペアリングします。


USBテザリングとBluetoothテザリングは 暗号化は必要ありません。

テザリングの料金

テザリングをすると料金が別途かかるのか?というのが一番不安なところですが、

現行の携帯電話の料金プラン(通話定額・データ通信定額)なら、ドコモは無料(FOMAは除く)、auはオプションで月額500円、ソフトバンクはオプションで月額500円。

データ通信定額なら 別途通信料がかかることはありません。パケット通信の上限を超えると速度が遅くなります。

料金プランや機種・キャンペーンなどによって違いがありますので、テザリングを使用する際は念のため 近くのショップなどで確認しておいたほうがいいでしょう。


関連情報