ソーシャルとは何か?

ここ最近よく見聞きするものに「ソーシャル」というものがあります。

ソーシャルメディア、ソーシャルネットワークとかです。

このソーシャルというは、和訳すると、社会の。社会的な。という意味があります。

社会ですから、人と人、共同の、ということを示しています。

つまり ソーシャルメディアとは、人から人へ伝達するメディア、人と人の共同のメディア、個人が発信するメディアという解釈になります。

ソーシャルメディア

メディアというと一般には新聞、テレビ、雑誌、ラジオなどを指します。これはある特定の組織や団体だけが発信しているものです。

このようなメディアを、マスメディアといいます。

マスコミュニケーション。大衆向けのメディアです。

こうした大衆向けの情報発信というのは、ある一定の条件を満たさなければというのはできません。また どちらかというと一方通行な情報が多いといえます。

それに対して、ソーシャルメディアは、インターネット環境があれば誰でも情報を発信していけます。また特定の条件などが必要であるわけでもありません。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでは、比較的自由な意見や感想、会話などが行われ、双方向・参加型という特徴があります。

ソーシャルメディアには下記のようなものがあります。

  • レビュー
  • Youtube
  • Twitter
  • Facebook
  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!Goo
  • ブログ
  • 電子掲示板
  • Wikipedea
  • はてなブックマーク

普段から使用しているというものが、すでにソーシャルメディアであったりします。

いずれも 個人が発信している情報、人から人へ向けた情報であることが分かります。

例えば通販サイトで買い物するときも、他の人が書いたレビューを参考にすることは多いと思います。

Amazonや価格.COMなどす。

誰かが書いた率直なレビューを参考にしているわけです。情報を共有していることが分かりますね。

多くの好評価が累積して、それがきっかけで商品を購入するということもあります。

これは個人個人の小さなメディアが積み重なって 人を動かすメディアを作り上げていることになります。

インターネットの発達によって、誰でも情報を発信できるようになっており、ソーシャルメディアはいつの間にか台頭していたということになります。

集合知

Wikipedeaというのは、巨大な百科事典のようなものである事柄について詳細に情報が掲載されています。

これは実は誰か特定の人が編集しているというわけではありません。そのことに関する知識があれば、誰でも編集できるようになっています。1つのページも複数の人の編集で成り立っているのです。

Yahoo!知恵袋や教えて!Gooは、質問に対して誰かが回答するというものです。

誰か特定の人が毎回質問に答えているわけではありません。その知識を持ついろんな人が受け答えしています。

このように 多くの人の積み重なった情報を、集合知といいます。

拡散

ある情報が、インターネット上で急速に広がること。

Twitter、電子掲示板、ブログ、はてなブックマークなど複数のソーシャルメディアが関わっていることがあります。

Twitterには リツイートという機能があり、誰か他の人の文章や写真などを 自分のアカウント上でも 同じ内容を表示させることができます。

拡散した情報は しばしばマスメディアに取り上げられたり、企業・事業者に影響を与えることもあります。

また情報が拡散された結果、企業や個人のブログ、アカウントに書き込みなどが殺到してサーバーがダウンしたり、収拾が取れなくなって閉鎖することを炎上といったりします。

ステルスマーケティング

ブログ、レビューなどで、商品やサービスの評価を作為的に上げること。商品やサービスの売上が伸びるようにすること。

事業者が個人に依頼して行われることもあれば、事業者がアカウントなどを取得して 内部で行っていることもあります。

このような手法を ステルスマーケティング、ステマといいます。

実際にはその商品やサービスを利用していないにも関わらず、利用したように装って、商品やサービスの感想を書いたりすることもあります。

実際のユーザー数が増えれば増えるほど、商品やサービスの内容に極端な差があった場合にステルスマーケティングと疑われたり、逆に評価を落とすようなことがあります。

ソーシャルネットワークサービス

ソーシャルネットワークサービスは 略してSNSということもあります。

インターネットというのは、WEBサイトをはじめとして すでに情報が共有されているのですが、一般的に SNSというときは、インターネットの中でもさらに 共通のサービスを利用する人と情報のやり取り・コミュニケーションを行うことができるサービス、またはそれを目的としたサービスを指します。

SNS

例えば、Facebook、Twitter、Google+、Instagram、LINE、mixi、GREEなどがあげられます。ゲームと結びついたものを ソーシャルゲームといいます。いずれもアカウントを取得して利用するようなサービスです。

ソーシャルメディアの中でも ユーザー同士でネットワークを形成しているものです。

ただ 企業や法人、自治体が FacebookやTwitterを利用して様々な情報を流したり、個人ユーザーがFacebook、Twitter、Google+をサービスのログイン用のアカウントとして使ったり、Instagramを写真アルバムのように使ったりなど、必ずしも 決まった使い方があるというわけでもありません。