なぜSIMカードが注目されているのか

「格安SIMカード」「SIMカード変更」「SIMフリー」など見聞きすることが非常に多くなりましたね。

「SIMカード」という言葉が注目されるようになって、「SIMカードって何?」という人も多いのではないでしょうか?

SIMカードは、スマートフォン、タブレット、モバイルデータ通信、LTEと深い関わりがあります。

スマートフォンに内蔵されているSIMカード

SIMカードSIMカードは、スマートフォンに内蔵されている小型のICカードです。

このカードには 固有のID番号が記録されています。

端末にSIMカードが付いていることで 電話番号が特定でき発着信が可能となるわけです。

通話やデータ通信には不可欠なもので スマートフォン利用者 固有のカードになります。

SIMカードはスマートフォンのケースを開けると取り付けてあるのが確認できます。

SIMカード取り外しSIMカード(赤)とMicro SDカード(緑)

記録用のメディアである Micro SDカードも近くに取り付けてあることがほとんどです。


スマートフォンの電源を切り 電池パックを取り外してから、SIMカードをスライドさせて取り外しますが、本来頻繁に取り外したりするものではないため 取り扱いには注意が必要です。

SIMカードを取り外すと・・

スマートフォンからSIMカードから取り外すとどうなるか?といいますと、

「SIMカードが挿入されていません」などこのようなメッセージが必ず表示されます。

メッセージ

この状態、SIMカードの入っていないスマートフォンでは電話をかけることもデータ通信することもできません。また外部から電話をかけても一切つながりません。

電話やデータ通信のネットワークから完全に外れていることになります。

端末としては機能しているので この状態で無線LANにつないだり Bluetooth接続したり カメラを使ったり 電話やデータ通信以外のことはできるようになっています。

このようにスマートフォンとSIMカードは分けて考えることができます。


SIMカードの種類

SIMカードには 大きく分けて3種類になります。

  • 標準SIMカード
  • Micro SIMカード
  • Nano SIMカード

SIMカードは 3Gの携帯でよく使われていたもので、標準SIMカード、FOMAカード(docomo)、UIMカード(docomo)、au ICカード、SoftBank 3G USIMカードなどがあります。

大きさは SIMカード>Micro SIMカード>Nano SIMカードで年々小型化しています。

SIMカードの種類 標準SIMカード(左)とMicro SIMカード(右)

  • 標準SIMカード・・・主に3G回線対応のスマートフォン
  • Micro SIMカード・・・主にLTE回線対応のスマートフォン
  • Nano SIMカード・・・主にiPhone

今現在 最も使われているのは Micro SIMやNano SIMのカードになります。

MVNOのSIMカード

MVNOは 仮想移動体通信事業者の略で 自社で通信網やインフラを持っていないのですが、ドコモやauの回線・インフラを借りて 音声通話やデータ通信のサービスを提供しています。

このMVNOも 携帯電話会社と同じように スマートフォンにその会社のSIMカードを取り付けて利用します。

MVNOのSIMカードには データ通信用のものと音声通話+データ通信両方を兼ねているものがあり いずれも 携帯電話会社の料金よりも格段に安い、契約期間がなかったり 短いというのが特徴です。

大きく分けると下記のような使い方があります。

1.データ通信用に使う
スマートフォンやタブレットは 新品にしろ中古市場でもかなりの数が出回っています。

機種変更したら 今まで使っていたスマートフォンを使わなくなりそのままになっているということがあります。

SIMフリー端末という SIMカードの制限がかかっていない端末も多く市販されています。

こうしたスマートフォンやタブレットにMVNOのSIMカードを取り付けることで データ通信用として使用できます。

またSIMフリーのモバイルルーターというのもありますので SIMカードを取り付けることで モバイルルーターとして使うことができます。

手持ちのモバイル機器を活用できるということです。

2.音声通話とデータ通信で使う
携帯電話会社といえば au、ドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアのみだったのですが、MVNOでも 音声通話とデータ通信をセットで提供しているところはあるため 乗り換えることも可能になっています。

現在の携帯電話料金が高いと考えているユーザーは多いといわれています。

特に「それほど使わない」「安く抑えたい」という方にとっては 乗り換えるメリットが十分にあるといえます。

具体的に実例でいいますと、

ドコモのスマートフォンは 通話(カケホーダイ)やデータ通信(データSパック)をあわせ 定額で6,200円だとすると、

MVNOのぷららなら 1,600円、Niftyでも 1,600円になります。

もちろんこの場合 ドコモは通話上限なし・データ通信 3Gまで、BIGLOBEは 音声通話は従量制・データ通信は1Gまでとなりますが、「必要最低限しかスマートフォンを使っていない」「待ち受け用に使っている」というようなユーザーであれば 「SIMカード変更」すなわち MVNOへの乗り換えで 通信料が大幅に安くできるということになります。

音声通話もできる MVNOには他に docomoならOCN、So-net、IIJ、auなら mineoなどがあります。

SIMロック

取り外したSIMカードを 他の携帯電話会社のスマートフォンに取り付けて使いたいというときに、「SIMロック」といい端末側で他社のSIMカードが使えないようにロックされています。

同じ携帯電話会社のスマートフォンなら SIMカードを移して使用することができるのですが 他社間では SIMロックにより使用できないのが一般的です。

例えば ドコモのMVNOのSIMカードは 基本はドコモの端末でしか使えません。

他の端末は SIMロックがかかっていると考えていいでしょう。

ただNTT Docomoやソフトバンクが 窓口にて一部の端末のSIMロック解除を始めています。2015年にもSIMロック解除は義務化される予定です。

また携帯電話会社の端末は SIMロックがかかっていますが、SIMフリーのタブレットやスマートフォンは市販されています。

将来的には 「SIMフリー」といわれる端末がほとんどを占め ユーザーが自由に好きな端末を使用できる日も近いといわれています。


自分のお気に入りの端末と料金プランへ

MVNOのサービスはまだ始まったばかりで 現在では ドコモとauのMVNOサービスがあります。

いくつかオプションがあったり、対応している機種が決まっていたりします。

どのMVNOサービスがいいかは 現在使用している端末にどのサイズのSIMカードが使えるか?タブレットならSIMカードを取り付けることができるかどうか?など事前に調べてから決めるのがいいでしょう。

いずれにしろ 今後 キャリアのSIMロック解除をはじめ SIMフリー端末が増えてくるでしょう。

また最近では マザーボードメーカーで有名な ASUSTekがSIMフリーのスマートフォンを出しています。

今までは 各携帯電話会社によって決められた端末、料金プラン、契約期間で使っていたのですが、今後は「自分の選んだお気に入りの端末と料金プラン」で 音声通話やデータ通信を行うことができるようになるといえます。

関連情報