インターネットの検索の仕組み

インターネットの基本、土台となっているものは何でしょうか?

インターネットをするときは、ブラウザを起動させてキーワードを入力して検索すると思います。

ブラウザ

GoogleやYahooです。他にもプロバイダのホームページをトップページにしているかもしれません。

キーワードを入力すると、関連性の高いサイト、キーワードが合致したサイトが順番に表示されています。このプログラム、検索順位を決めているのが検索エンジンです。サーチエンジンともいいます。

GoogleとMicrosoft

この検索エンジンは、世界的に見て主要なものは2つです。この検索エンジンを保有している会社、開発・提供している会社です。

その2つは、GoogleとMicrosoftになります。

「え?じゃあ GooとかNiftyとかBiglobeから検索しているのはどういう仕組みになっているの?」と思われるかもしれません。

世界中のウェブサイトからキーワードに合致したサイトを見つけて表示する検索エンジンというのは、国内の大企業といえども開発は困難なのです。

そのため、日本国内のプロバイダである OCN、Goo、Niftyなどで使われている検索システムも、Googleのものをベースとして使用しています。

Yahoo!Japanを使用している方も多いと思います。

以前、Yahoo!Japanは、米国のYahoo.comの検索エンジンを使用していましたが、現在はGoogleの検索エンジンを使用しています。

Yahoo!Japanで検索した結果とGoogleで検索した結果というのは、かなり違いがあったのですが、現在はほとんど同じになっています。

Microsoftの検索エンジンは、Bingといいます。

Windowsのパソコンを買って使いはじめた時に、検索エンジンが必ずといっていいほどBingになっているのは、Microsoft=Bingだからです。

このように検索エンジンは、GoogleとMicrosoftのBingが主要なものとなります。

ポータルサイト

前述したOCN、Goo、Niftyなどプロバイダ系や、Yahoo!Japanのようなホームページを、ポータルサイトといいます。

ポータルサイトの特徴は、検索システムをもち、トップページから様々なページにリンクが貼られています。

例えば、ニュース、天気、辞書、地図、メール、会員ページなど。情報のデバート、入り口のような構成になっています。

これらのサイトは、検索エンジンというよりはポータルサイトというほうがより近いといえます。

Googleの検索エンジンをベースにはしているものの、多少カスタマイズされて表示されますので、ポータルサイトごとに検索結果は異なることもあります。

ロボット型とディレクトリ型

通常、検索エンジンといえばロボット型検索エンジンをいいます。

クローラーロボットといわれるプログラムが、ホームページのリンクを辿り巡回しています。そして、データを取得して検索結果に反映させています。

Google、Microsoftは、ロボット型検索エンジンです。

これに対して ディレクトリ型検索エンジンというのもあります。

ディレクトリとは、フォルダのことです。

つまり、ロボットではなく人の手によって、管理・分類されている検索エンジンのことです。

実例で言うと 「ヤフーカテゴリー」や「Gooカテゴリー」などがディレクトリ型検索エンジンになります。

サイトを審査・登録し、カテゴリーごとに分類しています。

ディレクトリ型は登録されているサイト数が限られるので、インターネットにおける一般的な検索ではあまり使われることはありません。

ロボット型検索エンジンの仕組み

ロボット型検索エンジンの仕組みを、ひとことでいうと データベースです。

クローラーやロボットが巡回して取得したデータは、データベースに格納されています。

ブラウザの検索窓にキーワードを入力すると、それに合致したページが抽出されて返ってきます。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンは インデックスと呼ばれる索引情報をもっています。データベース内のページをすぐに検索して抽出できるようにしています。

書籍でいう目次のようなものです。

Webページがデータベースやインデックスに登録されることを、インデックスされるといいます。

ユーザーが入力するキーワードが単一ではなく複合キーワードの場合、例えば ◯◯ △△とスペースが間に入れば、◯◯であり、かつ△△であるものが返ってきます。これはデータベースにおける演算のひとつ 論理積で、AND検索といわれるものです。

また検索することを、データベースに対して命令・要求を出すのでクエリといったりもします。

データベース内は、キーワードごとにランキング形式になっており、検索エンジンごとに様々な要因で順位が決まっています。順位付けが高いものから ブラウザに表示されます。

このデータベース内で要因となっているもの、ランキングを決めているものをアルゴリズム、検索アルゴリズムといいます。

検索結果は、検索エンジンによって異なる

それぞれの検索エンジンは、会社が違うわけですから、当然検索するシステムやアルゴリズムも異なってきます。

同じキーワードでも、それぞれの検索エンジンで検索すると検索結果が多少違ってきます。前述しましたように、ポータルサイトごとに異なることもあります。

利用している検索エンジンやポータルサイトが、使いにくいとか、目的のホームページを見つけにくいと思ったら、検索エンジンやトップページを変えてみるというのもひとつの方法です。

世界・日本国内の情勢

とはいっても。世界的に絶対的な人気を誇る検索エンジンがひとつあります。

もうお分かりかと思いますが、Googleです。

Googleは、世界でも最も人気のある検索エンジンです。Googleマップ、G-mail、YoutubeなどもGoogleの提供しているサービスです。

関連サービスがとても充実していることもありますが、検索システムが非常に優れているということもあげられます。満足度が高いということです。

Webマスターツール

ホームページを持っている人は、個人であれ法人であれ Webマスターといいます。Googleは、検索エンジンなのでWebマスター向けのツールも提供しています。

サーチコンソール(旧 Webマスターツール)といわれるものです。

ドメインを取得して、はじめてホームページを運用したりする際には重要なツールとなります。

また、ホームページの作成における参考になるガイドブックとして 検索エンジン最適化スターターガイドを公開しています。

Googleが、検索エンジンとして不動の地位を確立しているのも、Webマスター向けのツールや情報が充実しているからといえます。

サーチエンジン・オプティマイゼーション

Search Engine Optimization サーチエンジン・オプティマイゼーションは、「検索エンジン最適化」を意味します。

略して SEO、SEO対策ともいいます。

一般的には、検索エンジンで高いシェアを持つGoolgeに対する最適化で、サーチコンソール、検索エンジン最適化スターターガイド、ウェブマスター向けガイドラインを活用しコンテンツを作成・展開していくことです。

例えば、HTML作成での適切なタイトルタグ・メタタグ・見出しの設定、マルチデバイスへの対応など。

最近では、httpからhttpsへの移行もそのひとつになります。


関連情報