ブラウザの文字サイズの変更

ホームページなどを見ている時、文字が小さくて読みづらいということが結構あります。

読みづらいときは、見やすいように文字のサイズを変更したり、画面を拡大することができます。

サイトによっては下記の設定をしても文字のサイズが変わらない場合もあります。拡大は可能です。

IE8

ホームページを開いた状態で上のほうの、表示→文字のサイズで変更できます。最小・小・中・大・最大があります。

文字サイズの変更

拡大というのは、文字だけではなく画面全体を拡大します。虫眼鏡のようなものですね。

拡大

例えば 200%の拡大にするとこんな感じです。

200%拡大

IE9・IE10・IE11

IE9・IE10・IE11でもIE8と同じ操作です。

メニューバーがない場合は、右クリックしてメニューバーを表示させます。

メニューバー

表示→文字サイズ変更。

変更

Google Chrome

Chromeは、文字サイズ変更ではなく、画面の拡大・縮小です。

Chrome

FireFox

FireFox

どんなブラウザにも、文字サイズや画面の拡大・縮小機能は、必ず付いています。

ショートカットキー

拡大・縮小は、ほぼすべてのブラウザで共通しているショートカットキーがあります。

拡大は、キーボードのCtrlを押しながら +、縮小は、Ctrlを押しながら -です。

ブラウザ以外の いくつかのアプリケーションでも、拡大時は Ctrlと +、縮小は Ctrlと -で操作できることがあります。

全画面表示

全画面表示とは、ブラウザのメニューバーやタブ、タスクバーなどを隠し、画面いっぱいに表示させることです。

全画面表示

キーボードのF11のキーを押すと全画面表示になり、再度 F11のキーを押すともとに戻ります。

文字サイズなどが拡大されるわけではありません。