外出先でも気軽にインターネットができる

モバイルルーターとは、その名の通り持ち運びができるルーターです。

ルーターというのは、複数台のパソコンや機器を同時接続ができるので、モバイルルーターがあれば、外出先などへも持ち運んでパソコンやスマートフォンなどを接続することができます。

モバイルルーターは、インターネット契約(プロバイダ契約)も一緒になっていることがほとんどです。

主に WimaxやLTE回線をもつ au、ドコモ、ソフトバンク、イーモバイル(現:Yモバイル)で使われます。

使い方

具体的な使い方を紹介します。

これがモバイルルーターです。

モバイルルーター

そしてノートパソコンがあります。

ノートパソコン

SSIDが出てきます。モバイルルーターからの電波を受信できていることが分かります。

SSID

SSIDをクリックしてパスワードを入力します。SSIDとパスワードは添付品のシールや紙などに必ず記載されています。その通りに入力するだけです。

パスワード入力

接続が確立すると、通常のインターネットなどが可能となります。

またルーターになりますので 複数台のパソコン、スマートフォン、タブレットを接続することもできます。

接続が確立

付属品のUSBケーブルは、初期設定やモバイルルーターを充電したりする際に使用します。

USBケーブル


ログインする

ルーターなので 基本的にパソコンからログインして設定を変更したりすることができます。

モバイルルーターと接続している状態で ipconfigを使いルーターのIPアドレスを調べ URLにIPアドレスを入力します。

管理画面 モバイルルーターにログイン後の管理画面。詳細設定やファームウェアの更新などができます。

ファームウェア更新はマニュアルやヘルプをみて行うようにします。

マニュアルに従う

基本的なつなぎ方というのは、上記の通りいたって簡単です。

通常のワイアレス接続と同じです。

SSIDとパスワードSSIDやパスワードも固有のものが付属され必ず記載されていますので、インターネット接続するために何か難しい設定を行うわけでもありません。


メーカーやプロバイダにより、モバイルルーターの操作やログイン方法は違いますので、マニュアルに従うようにします。

Wimaxと携帯キャリア

モバイルルーターを使用している主なサービスは、WimaxとLTEです。

LTEは 各携帯電話会社 au、ドコモ、ソフトバンク、イーモバイル(現:Yモバイル)があります。

それぞれ対応しているエリアでモバイルルーターを使ってインターネットに接続することができます。

基本的にどこのサービスも定額制です。

Wimaxの場合は パソコンがWimaxの無線子機を内蔵している場合や外付けのWimax専用の子機を増設している場合は その子機が電波を拾うので モバイルルーターは特に必要ありません。

どちらのサービスがいいかは 料金や対応エリア、プロバイダの特典などから選ぶことが多いようです。

対応エリア

モバイルルーターというのは、携帯電話などと同じで対応エリアがあります。

電柱や基地局から各プロバイダの電波が飛んでいて、モバイルルーターが受信していると考えます。

なので発信源が近くにない場合は、モバイルルーターも電波を受信できませんので、インターネットにはつながらなくなります。

対応エリアは、どこのメーカー・プロバイダのモバイルルーターを使用するかによって多少違ってきます。

WimaxもLTEも 使用するモバイルルーターやプロバイダによって auの3G回線やソフトバンクの3G回線が使えたりということがあります。

通常のWimaxやLTEの対応エリアにプラスして使用できる範囲が広がるということもあります。

都市部は、モバイルルーターが使える範囲が非常に広い傾向があります。


関連情報