リテラシーを身に付ける

リテラシー literacy とは、取捨選択する能力、読み書きする能力、活用する能力という意味です。

情報機器やインターネットの普及に伴い 情報とかITという言葉と結ぶ付けてよく使われるようになりました。

言葉としては メディアリテラシー、ネットリテラシー、情報リテラシー、ITリテラシー、ICTリテラシーなどがあります。

このページでは、メディアリテラシー、ICTリテラシーとは何か?リテラシーを高める方法について解説しています。

メディアリテラシー

メディアリテラシーは、メディアに結び付いています。

世の中にある 新聞・雑誌・テレビ・広告・インターネットなど、ありとあらゆる情報の媒体となっているのがメディアです。

メディアリテラシー

一般的によくいわれる意味としては、メディアが発信している情報を取捨選択し 活用する能力です。また裏表・真偽を見抜く、客観的に分析し読み解くというような意味合いがあります。

大衆むけに情報を発信している マスメディアに対するリテラシーを指します。

このような意味が根付いているのは、以前のメディアというと、大衆むけのマスメディアしか存在しなかったからです。

しかし、近年のメディアリテラシーは 次のようにいわれています。

  • メディアの特性を理解する
  • メディアの受発信能力
  • メディアの利活用能力

情報通信技術、情報機器が身の回りに多く存在し、個人でも情報を発信することができるようになっています。

そのため、まず情報機器やインターネットの特性を理解すること、そしてそれを使い情報を受発信すること、利活用することになります。

ネットリテラシー

インターネット+リテラシーです。

インターネットの使い方・仕組み・マナー・倫理など。

メディアリテラシー

インターネットを適切に使いこなす能力などをいいます。

情報リテラシー

情報に関するありとあらゆるものです。マスメディアやインターネットの情報だけでなく、普段 生活する中で見聞きするすべての情報が該当するといえるでしょう。

何が必要なのかを見つけ、それを評価し、活用する能力です。

しかし 最近では 情報機器やインターネットから取得する情報が大きな割合を占めていることもあるせいか、情報リテラシーというと、情報機器やインターネットを使い 情報を活用する能力という意味で使われます。

つまり もともとの意味では情報全体、よく使われる意味では 情報機器・インターネットから取得される情報でネットリテラシーと近い意味になります。

情報リテラシー

コンピューターリテラシー、ITリテラシー

これは コンピューター+リテラシーですから、コンピューターを使う能力でよく使われます。

普通に我々がつかっているパソコンの電源を入れて 正しく操作できるか?アプリケーションを操作できるか?またそれらを活用できるかどうかです。

またもう少し掘り下げると コンピューターを構成しているものは何か?どのような原理で動作しているか?などの知識も含まれてきます。

コンピューターというのは何もパソコンだけではないので、スマートフォンやタブレット、 周辺機器、ルーターなども当てはまってくるといえます。

ITは、Information technologyの略で 情報技術を指します。

コンピューター+ネットワーク、またそれに関係するテクノロジーすべてといったところでしょう。ハードウェア・アプリケーション・仕組みに関する知識や活用能力という意味になります。

ICTリテラシー

ICTは、Information and Communication Technologyの略です。

政府や大学など教育機関は、ITではなく ICTを使うことが多くなっています。

インターネット、コンピューター、ITをすべて包括しています。

ICTリテラシー

Communicationは、通信・伝達を意味していますが、この部分が近年非常に重要視されているというのもあります。

ICTリテラシーは、情報化社会に対応する能力という意味になります。

デジタルデバイド

ところでなぜ 近年になって「リテラシー」という言葉が多用されるようになってきたかといいますと、

これは デジタルデバイドが起きてきた、明るみになってきたというのがあります。

コンピューター、IT機器、情報通信技術に触れる機会が多かったり うまく使いこなせる人と、なんらかの理由で機会に恵まれない、使いこなせい人との間で、取得する情報に差が出てきます。

これが時に 就業の機会や経済的な差、不利益につながることもあります。

このようなことを デジタルデバイドといいます。

そのため、「リテラシーを向上させる」「リテラシーを身に付ける」ということが、メディア・情報・コンピューター・ICTなどと結びついて盛んにいわれるようになったと考えられます。

一方、近年では小学校、中学校などでもタブレットなどの情報機器を使った学習活動や情報モラルの教育が行われています。

このように若年期から、情報機器やインターネットの使い方に慣れ親しんで育った世代を、デジタルネイティブといいます。


コンピューター

少し話が長くなったのですが、ネットリテラシー、コンピューターリテラシー、IT・ICTリテラシーを高める方法を紹介したいと思います。

まずコンピューターとは何か?またOSの役割は何か?という基本的な概念を知っておくいいでしょう。

ハードウェアとしては 5大要素 すなわち演算・主記憶・補助記憶・入力・出力の5つの要素・機能からできています。

パソコンでは CPU、メモリー、HDD/SSD、マウス/キーワード、ディスプレイなどになっています。

スマートフォンやタブレットなども 大きさや形状は異なったとしても 5大要素はほとんど変わりません。

5大要素は 姿・形を変えてコンピューターに搭載されているということです。

ルーター

インターネット いわゆるネットワークというのは、ルーターによって構成されています。

自分のパソコン・ネットワークと外のネットワークの出入り口・ゲートウェイになっているのがルーターです。

内と外を繋いでおり、非常に重要な周辺機器のひとつあるという認識が必要です。

情報の出所を知る

掲載されている情報はどこから出ているかというのは、もちろん大事になってきます。

大学なのか?官公庁なのか?個人なのか?情報の内容によってはかなり違ってきます。Webページは 大学、官公庁、医療法人、株式会社、団体、組織、個人など様々です。

そのページがどこの運営・提供なのか?というのは、ある程度 ドメインで推測できます。

そのため、ドメインに対する基本的な理解は、リテラシーを高める第一歩と考えてもいいでしょう。

URLをみれば 大学なのか?官公庁なのか?株式会社なのか?というのが 場合によっては簡単に知ることができます。また送られてきたメールも、アドレスを見れば送信元を推測することができます。

HTTPS対応か否か

これは ドメインに関係しているのですが、

ある会社があったとして ホームページの問い合わせのページのURLが httpsで始まっているかどうか?は確認したほうがよい項目です。

httpは ホームページのURLになっていますが、

これはプロトコルとよばれるもので ホームページ閲覧の際は URLのはじめの部分が httpでもさほど問題はありません。

では httpsとは何か?ということですが、

パソコンとWebページを暗号化してWEB通信するというものです。

つまり、セキュリティが高いのです。

これは主に 会社の問い合わせページや通販など個人情報を入力する画面などで使われます。

ではもしこれが httpsではなかったらどうなるか?ということですが、セキュリティはやや甘く 多少の懸念材料になるといえます。

そして現在は、検索エンジンが主導するかたちで、HTTPからHTTPSへの移行段階に入っています。

これに似ているものとして、WebページにプライバシーマークやISMS認証を取得しているかどうか?などは 初めて訪れたサイトで買い物したり 個人情報を入力したりする際の判断材料にもなります。

複数の情報源であるかどうか?

情報源が複数あるかどうか?

これはインターネットではよくいわれることです。

ある情報に対して 1つのサイトだけ信用して鵜呑みにするのではなく、他の複数のサイトではどうか?というのを比較したり確認するということです。

これにより情報の信頼性は増すと考えていいでしょう。

知らず知らずに誰もが活用していることでもあります。

ソーシャルメディアのレビューも「複数の情報源」に非常に近いものといえるかもしれません。

購入した商品に対するレビューとか、食事したレストランや宿泊した宿に対するレビューとかです。

結構参考にしているのではないでしょうか?

本や書籍との併用も時には大切である

インターネットのページは いわゆる電子化された文書です。

HTMLファイルという文書に 写真や文字が書き込まれていて パソコンでみていることになります。

インターネットの文書 いわゆるWEBページは、電子化された本や書籍に近くなるのですが、実際に出版されている本や書籍とは 違いがあります。

Webページは 無料・匿名という傾向が強いということです。

これは理解しておかなければなりません。

無料で匿名でも情報を掲載したり 感想を述べたりすることができるということです。

これに対して 本や書籍というのは 有料・著者や出版社がベースになっています。

有料で 著者や出版社が明確でもあるので、ある程度 責任感が出てくるということです。あまり間違ったことは書けませんし、出版した後にあとで訂正するというのは困難です。

そのためこれらの情報というのは、入念に調べられて検証されているようなものであったり、複数の人によって事前に内容を審査されたり校正されているものが多く、その分 「情報の正確性は高い傾向がある」といえます。

Webページだけでなく 時には本や書籍などの情報も大切ということです。

デジタルデータ

インターネット上にあるものは、すべてデジタルデータです。

つまり 0と1の2種類の数字で表現されている 2進数になります。

文字、写真、音声、動画など ありとあらゆるものが、最小単位まで切り詰めて見ていけば、0と1で構成されています。

つまり、コピーしやすい、保存・保管しやすい、時間が経過しても劣化しないという特徴があります。

これはメリットも多いのですが、情報の漏洩なども起きやすいということであり、デメリット・リスクもあると捉えておかなければなりません。

法律

インターネットにおいても 法律は有効にはたらいています。

例えば、Web上で公開されているものには 著作権があります。映像、写真、イラスト、テキスト、デザインなどです。

特に近年では、公開されている音楽のダウンロードは厳しくなっています。ダウンロード違法化という法律です。注意するようにしましょう。

Web上に公開されているものに関しては 利用規約などを確認するようにします。

写真や文章を引用することはよく見られますが、引用と分かるかたちで表記すること、引用元を明記することは一般的によくいわれています。

Webと関係する法律は、著作権の他に、肖像権、プライバシー権、不正アクセス禁止法、個人情報保護法などがあります。

インターネットをしているということは IPアドレスを持っていることになります。

Webは匿名性が高いとはいっても、法律に引っかかるような事案があれば、IPアドレスを辿って分かることがあります。

プロバイダ責任制限法という法律です。

個人とIPアドレスは紐付けされているようなものなので、表面上は匿名であっても仕組みとしては完全にそうでないところもあるということです。