固定されたグローバルIPアドレス

固定IPアドレスとは何か?

まず少し整理しましょう。

IPアドレスには グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあります。

大きなインターネットの中での グローバルIPアドレスと、家庭内LANや社内LANなどで使われるプライベートIPアドレスです。

では 固定IPアドレスというとき、何を示しているのか?といいますと

普通は 固定されたグローバルIPアドレスのことをいいます。

ただし 家庭内LANや社内LANのことで話をしているときに 「固定IP」などというときは 固定されたプライベートIPアドレスのことを言っています。

固定IPアドレスで何ができるか?

プロバイダと契約して インターネット設定を行えば 必ずグローバルIPアドレスを使っていることになりますが、通常は動的なIPアドレスです。

モデムのルーターの再起動・再設定や一定期間経過したりすると グローバルIPアドレスが変わります。

一般的な利用では これでなんら問題ありません。

ただ外部から 家庭内LANや社内LANに入るという設定をしている場合、グローバルIPアドレスが変わってしまうと 今まで入れたのに入れなくなるということになります。

グローバルIPアドレスは 住所みたいなものですから いままで設定していた IPアドレスが変わってしまうと当然見失ってしますのです。

具体的に どのような用途で使われているのか?といいますと、

VPN、WEBカメラへのアクセス、サーバーへのリモートアクセス、自社のWEBサーバー、Wake On Lan(外出先から自宅のパソコンの電源を入れる)などです。

このような用途がある場合は 個人でも固定IPアドレスを使うことはあります。

グローバルIPアドレスはルーターが持つ

プロバイダの IDとパスワードを入力すれば グローバルIPアドレスをルーターが持つことになります。

通常使用しているルーターなどでは プロバイダのIDやパスワードを入力してインターネットが確立しても ルーターの管理画面に グローバルIPアドレスが表示されることはまずありません。

ビジネス用途のVPNルーターなどでは プロバイダのIDやパスワードを設定すれば グローバルIPアドレスが表示されます。

つまり 固定IPアドレスを持つと ルーターに住所があるため インターネット上でそのルーターまで辿り着くことができるということになります。

あとはルーターに いくつかの設定を行えば VPN、WEBカメラへのアクセス、自社サーバーの公開などができるというわけです。

具体的には ポート開放、ポートフォワーディング、アドレス変換などと呼ばれる設定になります。

具体的な使い方

例えば VPNのルーターなら、それぞれのルーターに 相手方、接続したい場所の固定IPアドレスを入力します。

これにより お互いのルーターがその固定IPアドレスがある場所に繋がり VPNが確立します。

またVPN用のクライアントソフトでも 接続したい拠点の固定IPアドレスを入力する箇所があります。

Wake On Lanでも 専用のソフトに必ず 固定IPアドレスを入力するようになっています。


どのようにして固定IPアドレスを取得するか?

固定IPアドレスを身近に使える方法としては NTTのフレッツ回線になります。

インターネット回線にもいろいろあるのですが、ほとんどが動的IPアドレスであり、固定IPを公にサービスとして提供しているのは NTTフレッツ対応のプロバイダぐらいしかありません。

固定IPアドレスを使うには 「固定IPアドレスを提供しているプロバイダ」との契約が必要になります。

もちろん個人でも 固定IPアドレスを取得して使用することはできます。

有名なところだと インターリンク やAsahiネット、法人むけにOCNなどがあります。

固定IPアドレス用のIDとパスワードを発行してもらうことができます。

DDNSとは?

固定IPアドレスを擬似的に取得するのが DDNS、ダイナミックDNSというサービスです。

これは どのようなインターネット回線でも使用することができます。

例えば 家庭用などでよく使われるものにバッファローのリンクステーションやIOデータのネットワークカメラなどがあります。

外部からアクセスして見れるのも このDDNSというサービスを使っているからです。

動的なグローバルIPアドレスだと 一時はアクセスできてもアドレスが変更されるたびにアクセスできなくなってしまいます。

なので外部からアクセスできるような機能がある周辺機器・ネットワーク機器では そのメーカーが固定IPアドレスの代替として DDNSサービスを提供しています。

英数字などのURLやドメイン名を登録し 動的なグローバルIPアドレスと結びつけることができます。

アドレスが変更されても URLやドメイン名との更新は常に行われるので、外部からURLやドメイン名でアクセスすれば ルーターの場所は分かるわけです。

またその機器専用というものでもなく 一般的に使うことができる DDNSサービスもあります。

外部からアクセスする場合 必ずしも固定IPアドレスが必要ではないということです。


関連情報