インターネット網を利用したIP電話

IP電話とは インターネット網を使用した電話サービスです。

光電話との違いがよくいわれますが、光電話は光ファイバー網を利用して電話します。

それに対して IP電話は インターネット網を利用して 通話しています。

光電話は NTTや電力会社などのインフラを持った回線事業者が提供していますが、IP電話は 主にプロバイダが提供しているサービスだといえます。

特徴的な電話番号

IP電話は 050から始まる電話番号で始まります。

050から始まっている電話番号はほぼ IP電話と考えていいでしょう。

例えば固定電話や携帯電話の着信履歴に 050から始まる番号であれば 発信先は IP電話サービスを使っていると判断することができます。

(光電話では ほとんどが市外局番から始まる番号になっています。)

IP電話を提供しているプロバイダ

IP電話は 主にプロバイダが提供しています。

具体的にいいますと NTTの光やADSL フレッツサービスに対応したプロバイダである OCN、ぷらら、Nifty、Biglobe、Exciteなど、auひかりのプロバイダである KDDIなどです。

IP電話サービスを提供しているプロバイダは国内で数百社にのぼります。

プロバイダによって IP電話サービスがオプションとして付いていることがあり、インターネット契約とは別に申し込むことでIP電話も利用することができます。

IP電話を申し込むと 050から始める電話番号を取得することができます。

IP電話対応機器

IP電話を使うには 専用の機器が必要になります。

各プロバイダで動作確認済みや推奨のIP電話対応機器が公開されていますので それを自分で用意するか NTTに連絡してレンタルすることができます。

IP電話対応機器を 「VoIPアダプタ」ともいいます。

どのような機器が必要であるかは プロバイダによって異なってきますので 各プロバイダで確認します。


IP電話のメリット

IP電話にはいくつかのメリットがあります。

固有の番号を取得できる
050から始まる 固有の番号を取得できます。

一般の固定電話における電話加入権などは全く必要ありません。

基本料金はほとんど無いに等しい
一般の固定電話では 使っても使わなくても一定の基本料金というのがかかりますが、IP電話の場合は 機器のレンタル料はかかりますが、IP電話基本料を設けているプロバイダはほとんどありません。

基本料金を設定しているプロバイダもありますが 数百円ぐらいです。

提携プロバイダ間の通話料が無料
IP電話は 国内で数百社のプイバイダが提供しています。

プロバイダ間で 通話無料の提携をしているところが多く IP電話同士では どれだけ電話をかけても通話料が無料になるというのが一番大きなメリットです。

なので 頻繁に電話でやりとりする、長電話するという場合 IP電話を導入すれば電話代を気にせず使えます。個人向けだけではなく 事業所間通話などでもメリットがあるため ビジネス用途でもよく使用されます。

例えば OCN同士のIP電話や ぷらら同士のIP電話、OCN-ぷららのIP電話、So-net-BiglobeのIP電話など。

通話料は断然安い
固定電話と違い 日本全国どこにかけても 7.5円~8.5円/3分の一律の料金なっているIP電話がほとんどです。

また携帯電話や国際電話なども割安なところが多く 電話をよく使用する人にとっては かなりメリットが多いといえます。

既存の電話と併用できる
IP電話は 既存の固定電話とも併用できますので 着信は固定電話、IP電話ともに受けることができますし、発信やFAXも固定電話に切り替えたりすることができます。

IP電話では 110や119などの1から始まる特番や0120などのフリーダイヤルなどへ掛けることができないのですが、こうした場合 固定電話を使うことができます。

通話時に 0000を付けて切り替えることができるIP電話が多いようです。

スマートフォンでのIP電話

IP電話は 自宅や会社などの固定されたインターネット回線で利用するのですが、スマートフォンでも IP電話は使われています。

具体的にいいますと、SkypeやLINEがこれにあたります。これらもインターネット網で通話が行われているのでIP電話になります。

登録ユーザー同士での通話は無料ですが 固有の電話番号というのは基本的にありません。発着信は 原則として登録ユーザーのみとなります。

IP電話の050の番号をオプションとして追加して使用できるサービスもあります。

OCNの050 plusやフュージョン・コミュニケーションズのSMARTalkというサービスがこれにあたります。

この050から始まる番号は 固定回線のIP電話と非常に近いということができます。

提携プロバイダ間の通話料無料や国内の固定電話がどこでも一律料金であったり、携帯電話への通話や国際電話も割安になったりします。固有の番号なので 発着信も登録ユーザーのみなど限定されることはありません。

スマートフォンのIP電話では 固定回線のように専用の機器は特になく IP電話用のアプリをインストールして使います。

事前の確認や準備

このようにIP電話は 電話代が無料になったりお得に使えるサービスです。

固定電話を使用していて 現在 通話料が非常に高いという場合 IP電話は有力な候補になることがあります。

基本的には 自宅や会社などインターネット環境があるところでオプションとして使用します。

ただIP電話を導入する場合は、プロバイダによって 料金や必要な機器、設定方法が異なります。またどのようなメリットがあるか?現在使用しているプロバイダや回線で使えるのかどうか?どのような準備をすればいいのか?現在の電話機が使えるのかどうか?を事前に確認することが大切です。


関連情報