変換が極めてスムーズになる

パソコンでワードとかエクセルをはじめ、インターネットでも検索するときは文字を入力すると思います。

これはすべて Windowsに文字入力ソフトがあるからできることですね。

Microsoftは米国の会社です。Windowsや文字入力ソフト IMEも米国発なんですね。

なので日本語にはそれほど最適化されていないと昔からいわれています。

実際に文字入力していると 、入力したひらがなに対してなかなか的確に変換されないだとか、長い文章をうつと正確に変換されないということを体験したことはないでしょう?

日本語というのは、特に独特な表現や言い回しがあったり、諺や固有名詞も多い言葉です。

なので普通の文字入力ソフトでは、効率が上がらないということもあります。

Windowsのパソコンは、文字入力できるように Microsoftの文字入力ソフトが入っているのですが、他にも無料でダウンロードして使用出来る文字入力ソフトがあります。

それが、Googleの日本語入力ソフトです。

「日本語」というのがポイントでもあります。日本語を入力することを可能な限り最適化したソフトということです。


使い方

もちろん日本語に最適化したものといえば、他にもATOKもありますがこちらは基本的に有償になります。

Googleの日本語入力ソフトは無料でダウンロードして使うことができます。
Google日本語入力

実際に使い出すと違いがよく分かると思います。これは Googleのプロモーションビデオ。



Google 日本語入力をインストールするとこんな感じです。設定方法は、文字入力ソフトを参考にしてください。

Google日本語入力

ここでは上記以外のものを紹介してみますね。

四字熟語もすぐ出てきます。

四字熟語

ちなみに Google日本語入力は、キーボードのTabキーを使って移動して候補の言葉を探します。慣れたら簡単です。

Tabキーで移動

旧字も出ます。他にも結構旧字を表示してくれます。苗字の候補も多いので変化もスムーズです。

旧字

日本語のちょっとした違いも選ぶことができます。

違い

かおもじ と入力して変換したら顔文字がたくさん出てきます。メールとかメッセンジャーなどで使いたい人は便利ですね。d(゚∀゚d)

顔文字

Google日本語入力は学習機能がしっかり付いているので、一度入力した言葉・頻繁に変換した言葉は、次に変換するときも最初に表示してくれます。

学習機能

他にも手書き入力や記号など、他にも便利な機能が付いています。

Googleは検索エンジンなので、そのノウハウを生かして入力ソフトに反映されていると言われています。

文字入力が多くて、もっと効率を上げたいという方には便利なソフトです。