変換が極めてスムーズになる

文字入力ソフトは、デフォルトではMicrosoftの文字入力ソフトがインストールされていますが、他のメーカーの文字入力ソフトと併用したり、切り替えて使うこともできます。

そのなかのひとつにGoogle 日本語入力という文字入力ソフトがあります。

Googleは、検索エンジンの会社です。世界中のWebページをクローラーというプログラムで巡回し、Webページを登録しています。そして、ユーザーの入力する検索語句に応じて結果を返すということをしています。

このことから言えるのは、GoogleはWebページに載っている言葉や文章、ユーザーの入力する単語や頻度など大規模な集積されたデータを保有しているということです。これを ビッグデータといいます。

Google 日本語入力は、ビッグデータを活用した文字入力ソフトであるといえるでしょう。

使い方

Googleの日本語入力ソフトは無料でダウンロードして使うことができます。

Google日本語入力

Google 日本語入力をインストールするとこんな感じです。文字入力ソフトは言語バーといい、切り替えて使うことができます。

Google日本語入力

四字熟語。

四字熟語

Google日本語入力は、キーボードのTabキーを使って移動して候補の言葉を探します。

Tabキーで移動

旧字。

旧字

日常的な挨拶文。

違い

専門用語。

専門用語

人名。

人名

法律。

法律

かお と入力して変換したら顔文字がたくさん出てきます。d(゚∀゚d)(・∀・)(・_・)記号や顔文字などは、Tabキーではなく、スペースキーを使います。

顔文字

学習機能が付いているので、一度入力した言葉・頻繁に変換した言葉は、次に変換するときも最初に表示してくれます。

他にも様々な日本語、カナ文字、短文に対応しています。