内蔵のセカンドドライブにバックアップする

パソコンには通常 ハードディスクが1台搭載されています。

このハードディスクをパーティションで分割して CとDとに分かれていたりします。

ただパソコンによっては ハードディスクを2台もしくはそれ以上搭載していることもあります。

また実際に ハードディスクが搭載されてなくても 増設して使用できるパソコンというものもあります。

自作パソコンやBTOパソコンでは ドライブを複数搭載しているものが非常に多いです。

またメーカー製パソコンでも 一部の機種で 2台目のドライブが搭載されていたり、増設できるようになっていることがあります。

2台目のドライブ・セカンドドライブがあるということは そのドライブをバックアップ用で使用できるというメリットがあります。

セカンドドライブとは

セカンドドライブとはどのようなものか 実際の例を見てみましょう。

自作パソコンやBTOパソコンでは ドライブを複数搭載されているものがあります。

最近では SSD+HDDの組み合わせが増えています。

自作パソコン自作パソコン。SSD(上)+HDD(下)。


ノートパソコンノートパソコン。SSD(右)+HDD(左)。


このようなパソコンでは マイコンピュータから見るとこのようにドライブが表示されます。

マイコンピュータ

通常の論理的な分割によるパーティションではなく 物理的なドライブとしてのパーティションなので バックアップ用途としては適しているといえます。

知っておきたいのは 論理的な分割によるパーティションとの違いです。

1つのハードディスクを分割した論理ドライブでは CもDも同じハードディスク上にあります。

Dにデータやイメージバックアップを保存しておいたとしても ハードディスクそのものが壊れたら CもDも消えてしまいます。

つまり論理ドライブ間では 厳密にはバックアップになっていないのです。

セカンドドライブは 物理的に異なるドライブなので Cのドライブが壊れても影響がないということになります。

USBタイプの外付けハードディスクが、内蔵ドライブとして存在していると考えると分かりやすいでしょう。


使い方

使い方は簡単です。

USBメモリや外付けハードディスクと同じです。

ドライブを開いて Cにあるデータ たとえばデスクトップやマイドキュメントのデータを Dにコピーするだけです。

これにより Cドライブのドライブが物理的に壊れても Dドライブのデータは保全されることになります。

またデータだけではなく 他にイメージバックアップしたデータなどを Dドライブに入れておくという方法があります。

Cのドライブが壊れても ドライブを交換後 Dのイメージバックアップから復元するということができます。

基本は増設して使う

もともとドライブが2台以上搭載されているなら そのままバックアップ用として使うことができるでしょう。

増設して使う場合は 前提条件として そのパソコンが複数ドライブ搭載可能かどうか?ということがあげられます。

もし搭載可能であるなら 増設は比較的簡単です。

中古のハードディスクや手持ちの余っているハードディスクを活用したいとか、システムドライブをHDDからSSDにしたが もともと使っていたHDDを活用したいというときに セカンドドライブとして増設して使うというのがあります。