メール送受信データのインポート方法

メール送受信データのインポートは、メールソフトを起動させて行います。

それぞれのメールソフトで「Outlook Express」、「Windows Mail」、「Windows Live Mail」というフォルダをバックアップできていると思いますが、インポートの際はこれらのフォルダを指定してインポートを行います。

メール送受信データは「下位互換」という考え方をします。新しいメールソフトでは、古いメールソフトのデータがインポートできるということです。


Outlook Express

Outlook Expressを起動させ ファイル→インポート→メッセージ。

インポート

通常は、Outlook Express 6を選択します。

選択

Outlook Express 6 ストアディレクトリからメールをインポートするを選択。

ストアディレクトリ

ここでインポートするフォルダを選択します。参照。

Local Settings

バックアップしているフォルダ Outlook Expressを選択してOK。

Outlook Express

バックアップしていフォルダが指定されていることを確認して次へ。

確認

通常はすべてのフォルダを選択します。選択されたフォルダにしてインポートしたいフォルダのみ選択することもできます。次へ。

数字のフォルダ

インポートは終わりです。

終わり

Windows メール

ファイル→インポート→メッセージ。

メッセージ

バックアップしているフォルダの形式を選択します。Windows メールでは、XPのOutlook Express、Outlook 2007、Windows メール(Windows メール 7)のフォルダをインポートすることができます。選択後次へ。ここから先の作業はOutlook Expressと同じです。

形式の選択

Windows Live Mail

ファイル→インポート→メッセージ。

メッセージ

バックアップしているフォルダの形式を選択します。Windows Live Mailでは、Windows Live Mail形式以外にも、XPのOutlook Express、VistaのWindows メールのフォルダをインポートすることができます。

形式の選択

参照ボタンからバックアップしている Outlook Express、Windows Mail、Windows Live Mailのいずれかのフォルダを選択します。ここから先の作業はOutlook Expressと同じです。

参照

Windows Live Mail 2011

左上メニューボタン→メッセージのインポート。

メッセージのインポート

バックアップしているフォルダの形式を選択します。Windows Live Mail 2011では、Windows Live Mail形式以外にも、XPのOutlook Express、VistaのWindows メールのフォルダをインポートすることができます。

形式の選択

参照ボタンからバックアップしている Outlook Express、Windows Mail、Windows Live Mailのいずれかのフォルダを選択します。ここから先の作業はOutlook Expressと同じです。

参照

Outlook

左上ファイル→開くからデータファイルのインポートが可能です。

Outlook


関連情報