メールアカウントのバックアップ方法

パソコンをリカバリーした後や新しくパソコンを購入して使用する場合、メールアカウントは再度設定しなければなりません。

メール送信者名、POPサーバー、SMTPサーバー情報など入力していくのは面倒な作業となります。

あらかじめメールアカウントのバックアップを取っていれば再設定が簡単にできます。 再設定というよりも数回クリックすれば以前のメールアカウントの設定が復元されます。 プロバイダの用紙が見当たらないなどの不測の事態に備えるためにもメールアカウントのバックアップはとっておきましょう。


Outlook Express

Outlook Expressを起動させてツール→アカウントと進みます。

Outlook Express

上部タブのメールをクリックすると、現在利用しているメールアカウントが表示されます。バックアップを取りたいメールアカウントにカーソルをあてて、右のエクスポートをクリックします。

複数ある場合は1つずつバックアップをとります。

エクスポート

メールアカウントのバックアップ先を選びます。保存先にしたいUSBフラッシュメモリや外付けハードディスクを選択します。

ここではコンピュータ→2.5HDDと進みます。

バックアップ先

そのまま保存をクリックしてもいいですが、分りやすいようにフォルダを作成します。(何もないところで右クリック→新規作成→フォルダ)

新規作成

ここでは MAILというフォルダを作成しました。

フォルダ作成

新しく作成したフォルダをクリックして開き、右下の保存をクリックします。 これでメールアカウントはバックアップ先に保存されます。

保存

念のためメールアカウントのファイルがきちんとバックアップされているか確認します。メールアカウントは、iafという拡張子のファイルです。

iaf

逆にパソコンのリカバリーの後などに、このメールアカウントを復元(インポート)したい時は、ツール→アカウント→インポートをクリックし保存先にあるこのファイルを指定するだけでOKです。

Windows メール (Vista)

Vistaに搭載のWinodws メールも、OutlookExpressとほとんど同じです。ツール→アカウント。

Windows メール

バックアップを取りたいアカウントを指定してエクスポート。アカウントが複数あるときは、一つずつ行います。ここからはOutlook Expressと同じ手順です。

エクスポート

Windows live Mail (XP)

XPのWinodws live Mailも、OutlookExpressとほとんど同じです。ツール→アカウント。

Winodws live メール

バックアップを取りたいアカウントを指定してエクスポート。アカウントが複数あるときは、一つずつ行います。ここからはOutlook Expressと同じ手順です。

エクスポート

メニューバーが表示されていないとツール→アカウントへ進めませんが、下記の場所でメニューバーの表示・非表示を切り替えることができます。

メニューバー

Windows live Mail 2011 (Vista,7)

Winodws live Mail 2011も、OutlookExpressとほとんど同じです。左上ボタン→電子メールのエクスポート→アカウント。

Windows live Mail 2011

バックアップを取りたいアカウントを指定してエクスポート。アカウントが複数あるときは、一つずつ行います。ここからはOutlook Expressと同じ手順です。

エクスポート


関連情報