イメージバックアップとは

イメージバックアップとは、Windows(システム)やハードディスク(パーティション)を丸ごとバックアップすることをいいます。

作成されたバックアップファイルがひとつの大きなファイルであるイメージファイルにまとめられているので、イメージバックアップといわれます。

イメージファイルというのは、複数のファイルやフォルダを1つのイメージとしてまとめたものです。

イメージバックアップは、通常のデータのバックアップとは少し方法が異なります。

ハードディスクやパーティション全体、また Windowsやプログラムなどパソコン内のすべてのデータをバックアップするので、通常のバックアップのようにマウスでドラッグして行うことはできません。専用のソフトを使用します。

もしWindowsが起動しなくなったり、以前の正常な状態に戻したいという時は、このバックアップからWinsowsやハードディスク全体を復元できることになります。


どういうふうに行うか?

イメージバックアップを行うときは、専用のソフトを起動して操作します。バックアップや復元などの作業も、ソフト上で操作して行います。

Windows 7には、イメージバックアップを行う機能が付いています。

通常のファイルやフォルダのバックアップのように、マウスでドラッグして、別の媒体にコピーするというのではありません。

大きいデータなので、1つのイメージファイルというものにしてバックアップします。

ソフトソフトの管理画面。

イメージバックアップ以外の機能も付いていることがあります。


イメージファイルソフトを使用して、1つのイメージファイルとしてバックアップされます。1つのファイルで10GB以上になることもあります。イメージファイルの拡張子は、ソフトによって異なります。


バックアップ

Windowsが入っているハードディスク全体やパーティションなどのバックアップを行います。

システムバックアップともいいます。

大きいデータを圧縮して、イメージファイルとしてバックアップします。それなりに時間はかかります。

復元

ソフトによっては、バックアップから復元する作業をリカバリーともいいます。

復元作業もWindowsが起動している状態でソフト上で行いますが、万が一 Windowsが起動しない場合でも復元できるように、予め復元用のディスクを作成できます。

すべてがバックアップ時に戻るので、最後のバックアップ以降のデータはもちろん消えます。

しかしわざわざパソコンを初期化しなくても、バックアップ時の状態に戻るので再度ソフトをインストールしたりすることはありません。

どんなメリットがあるか?

イメージバックアップには、下記のようなメリットがあります。

  • リカバリーディスクがないパソコンでは、イメージバックアップがディスクの代替となる
  • アプリケーションのCDがない、あるいは紛失したパソコンでは、イメージバックアップによりアプリケーションの再インストールができないという事態を回避できる
  • パソコンの初期化と比較すると、大幅に時間が労力を減らすことができる
  • ウイルス感染や調子の悪い場合に復旧できる

どんなソフトがあるか?

イメージバックアップを行うソフトは、有名なところで Acronis True Imageがあります。有償のソフトウェアです。

やや上級者向けになりますが 有償ソフトということもあり機能が充実していることが特徴です。

またフリーソフトでは、Easeus Todo Backupがあります。

Windows 7には、OS標準で イメージバックアップを行う機能が付いています。